頼朝杉弥勒菩薩像

弥勒菩薩制作の主旨

皆さんに愛され守られてきた頼朝杉には千手観音の魂が宿っているかのような大きな力が働いています。その大きな作用により弥勒菩薩像制作の発願に至りました。弥勒菩薩は釈迦の滅後56億7千万年後に次なる仏陀として出現されるという未来仏。頼朝杉が姿、形を変えて蘇り未来永劫までお導きいただきたいという願いが込められています。

弥勒菩薩像

頼朝杉

源頼朝のお手植えと伝えられ、幹回り9m、高さ30m超の頼朝杉が平成24年9月2日、平穏な日曜日の午前7時、800年の樹命を全うしました。
頼朝杉の下には県指定文化財の薬師堂があり倒木の際には建物への影響も懸念されましたが建物は避けて搬出しやすい方向へ倒れてくれました。

子供たちと薬師堂と頼朝杉

江里康慧仏師との出会い

仏像制作にあたり宇治・平等院住職に相談のところ、江里康慧仏師をご紹介していただきました。江里仏師は現代を代表する仏師のひとりです。江里仏師の工房「平安仏所」では截金と云われる伝統工芸が仏像に施すことができます。平成25年4月のみ入れ式が行われました。

のみ入れ式

截金について

截金(きりかね)とは古代の仏像などに用いられ、金箔を細線や三角、ひし形に細かく切り衣の文様や縁取りとして張ったものです。この截金を施したことにより木肌と箔の細かな輝きが程良く調和し金色にも等しい神々しさを醸し出しています。

截金の作業

弥勒菩薩と縁結びのおすすめ

弥勒菩薩像の制作にあたり多くの皆さまから冥加金をいただいております。御寄進下さいました方々の御名は和紙に記し弥勒菩薩像の胎内に留めておりますので、数百年先まで残ります。今後は弥勒菩薩さまとの縁結びとして冥加金のご寄進を受け付けています。
1口 1万円より

頼朝杉で二胡を制作

歌手で二胡奏者の里地帰(さとちき)さん。身長180cmで細身、謙虚で爽やか好印象です。頼朝杉で二胡を制作し頼朝杉の曲も作曲しました。悠久の時間を漂うような曲です。